おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市 元祖 長浜屋 ~  最近緊張しなくなった ~

最近の外食のルールは、

・土曜か日曜のどちらかの昼間に麺類とか・・。(うどんとかうどんとか、たまにラーメンとか)
・昼間にいろいろと忙しくて晩御飯を作る気力が無いときに夜ご飯(ご褒美的なご飯)
・だーさんが飲み会の時(途中で待ち合わせなので、毎回お店は通称”はげおやじ”のエスニックなお店と決まってます)
・無性に○○が食べたくなった時(だいたいカレーの時が多い)
・人に誘われた時(いろんな所に出没します)

だいたいこんなもんです。

あと、だーさんは元祖のマニアで、休日の朝には朝ラー(またはモーガン)に行きます。
屋だったり、家だったり。
毎回誘われますが、その度にいくりさんに軽くあしらわれている、かわいそうなだーさん・・・。

そんな状況の中、非常に珍しいことが起きました。

ええ、仕事中にめちゃめちゃ元祖のラーメンが食べたくなったんですよ。
これを、だーさんに伝えるとふたつ返事で連れてってくれました。

いくりさんもね、元祖長浜屋って、今までそんなに行ったことなかったんですよね。
だーさんと行くようになる前って、5回とか6回とか。
多分数えるくらいだけど(笑)
それも昔のお店の時から数えてで、その後、なんかいくつかに分裂しちゃってますよね。よーわからんけど。

いくつかある長浜のなかでも、通称「屋」が一番好きです。
今回も屋。

お店の上にある立体駐車場に車を停めて、まず1階におります。

全くわからない方もいらっしゃると思うので、間違った事も書いてるかもしれませんが、長浜屋のハウツー

お店の前の自販機で食券をかいます。
長浜

この時に、ラーメンをどうするのかは自分で決めておきましょう!
脂の多さとか、麺の硬さか、ネギの量とか。
店内に入るとすぐに
「麺の硬さは?」と聞かれますので、その時に、決めたラーメンの内容を伝えます。

”ベタカタネギヤマ”
いくりさんの今回のラーメンはこれ。

※注 とある人ではありません(笑)


ベタ=脂多め
カタ=麺固め
ネギヤマ=ネギ多め
とこんな説明になります。多分。
(まだまだ、元祖初心者なので、よくわかってない)

席に座ります。
お水、お茶はセルフなので、自分で用意します。
お水は入口付近の冷水器から、お茶はテーブルの上のやかんから。
お茶はあっつ!ってのに遭遇したことはありません。
ほぼぬるい感じのもがほとんどです。

いくりさんはいつもだーさんが準備してくれるので、店内でぼーっとしてます。
そんな事をしていると、ラーメンがやってきます。
長浜2
 ベタカタネギヤマです。
好きな人は、ここで、テーブルにあるゴマとか紅ショウガとか、こしょうとかを好みで投入しています。

いくりさんはここはカスタムしません。
では食べてみます。

あ・・・。

朝と夕方では麺をあげている人が違うので、麺の硬さが違います。
カタで頼んだけど、朝の普通のよりもやわらかいです。

だーさんがこの後替玉してましたけど、ハリガネで注文してた麺が朝のカタと同じくらいの硬さでした。

替玉は最初に食券を買うときに買っておくか、食べてる途中で替玉したくなったら、100円を用意します。

って言っても、元祖の麺は妙に量が多いです。
このいくりさんも、朝は替玉なんて必要ありません。
ってか無理です。

注文するときは、ナマとかカタとか、ハリガネとかヤワとかって言って替玉を注文します。

替玉が来たら、お好みで、テーブルのポットのタレを追加します。
これを、ドーピングと言っている人もいるようですよ?

これ入れすぎるとしょっぱくなってしまうので、ちょっとづつ入れるのがコツのようです。

って入れたことはまだありません。多分。

元祖の麺って他のラーメンと比べると量が多くありません?
なのに周りでは替玉する人続出です。

しかも、替玉してさらに替玉する人なんかも、たまーにみちゃいます。

替玉は、最初に食券をかうか、また買ってなかった人は100円を準備して、「替玉!(麺の硬さ)」を伝えて替玉をします。

注文した後に、
「カタイタマ(替玉のカタ麺)」← 朝いるおねーさんがこれを言うとすんごいエロく聞こえているいくりさん。(ばか)

なるほどー。同じ店でも時間帯で人が違うからラーメンも違ってくるのねー。

なんか妙に納得をしたのでした。

元祖にまだ行ったことがなくて、行ってみたいと思っているそこのあなた!!
(結構筑後地区の人って、行ったことなない人多い気がする)

これが参考になるかどうかは、謎ですが、そんなに難しくも怖くもありませんよ。

ご馳走様でした。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/928-3868540e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。