おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市南区 クボカリー  ~ 華麗なる転身!正ちゃんのカレー!~

11月のある日。

それまで長い間、サラリーマンをやっていて、趣味でカレーを作りだし、いつの間にかイベントにまでカレーを出店するまでになっちゃった・・

という、サラリーマンの憧れを王道でやってのけた、いくりさんのお友達の正ちゃんこと、久保さんが、お店を構えました。


場所はこちらのマーケットカフェアルクさんです。

DSC_0908_201512032020028ba.jpg 

宿かり?とかって言って最近こんな業務形態のお店が増えましたよね。

道路沿いはこんな感じで、この柵の内側にこんな感じでお店があります。

普通にアパートの部屋が並んでいる端っこ。

今はコネリパンさんと、クボさんのお店が営業されているようです。

営業日は、土曜日・日曜日・火曜日・水曜日の1週間で4日間

DSC_0909_201512032020041ee.jpg 
店内はこんな感じ。

DSC_0910_20151203202006cd7.jpg 

テーブルのある所も撮影したかったんですが、連日満席で、早めに売り切れてしまう人気店。

人が沢山いたので遠慮しました。

DSC_0911_20151203201942fee.jpg
 
お野菜系のカレーが最近流行っているような気もしますが、こちらのお店はバリバリ肉食。

チキンがデフォルトのカレーで、日替わりでお肉のカレーがあるようです。

いくりさんがお邪魔した日は、多分幻になるであろうと思われる、骨付牛肉のカレーでした。

この日は限定5食・・・と聞いていたんですが、結局8食あったのかな?


そして、今流行のあいがけもちゃんとできます。

DSC_0913_201512032019451eb.jpg

いくりさん。

もちろん、骨付牛肉のカレー、大盛りのダルあいがけ。

これでもかっ!って出来ること全てをやってみました(笑)


DSC_0914_20151203201947cb8.jpg 


ちょうどいい硬さに炊かれたサフランライス。

甘めの優しい味付けのダルのカレーがかかっていて、揚げたししとう、そしてキャベツのアチャールがのっかってます。

これだけでも十分においしいです。

そして、メインの

DSC_0912_20151203201944e3a.jpg 

骨付牛のカレー。

骨付をじっくりとコトコトと煮込んであり、骨からお肉がホロホロと取れます。

しかも、お肉の量が半端ない。

しっかりとしたスパイスに、しっかりとした骨のダシやうまみがルーに染み出ていて美味しい!

上にのっかてるのは、パクチー。

武雄産とのことで、ほかのパクチーよりも味がまろやかでいい香りです。


決して臭いなどとは思わない、この素敵なパクチー。

これがあっての完成形だと思います。


この日はだーさんも一緒にお邪魔しました。

DSC_0915_20151203201948122.jpg 

だーさんはノーマルはチキンカリー。

最後の方は頭皮が汗吹出してましたよ(笑)

こちらもチキン1個がかなりデカい!!

そして、このチキンが、ふわっとしてるけど、プリッとしているんです。

ジューシーさもしっかりと残ってます。


この前までサラリーマンだった人が作るカレーとは思えませんよ。

いろんなイベントでも、出しているのを食べたり、集まりで作ってもらったカレーを食べたりしてきましたが、華麗にカレー屋さんに転身しちゃったわー。


スバラシイ!の一言です。

自分の夢をかなえる。

なんて素敵なんでしょうね。

ここは、だーさんもすごく気に入ったし、いくりさんの大好きな正ちゃんのお店なので、ちょくちょくお邪魔すると思います。

ご馳走様でした。


あ。ちなみに、たまにお店の方かた聞くのですが、

「このお店、いくりさんが良く来るんですよね?」

的は聞き方は、このお店では通用しません。

だって、正ちゃんはあたしがいくりさんだとは、多分知らないと思いますよ。むふふ。




クボカリー




関連ランキング:カレー(その他) | 高宮駅西鉄平尾駅


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/900-2f70cc29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。