おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市  新生飯店  ~なんでも新しくするのがいい事なのか?~

本気でご無沙汰しております。

ちょっと反省して、前よりは更新しようかと思っておりますが、どーなることやら。

先日、天神方面に居る時にお昼になりまして、お昼。

あたしの天神でのご飯と言えば、ココが多いのですよ。

ええ、新生飯店です。

2階、3階はもつ鍋の楽天地の店舗を利用しているという、なんとも言えないたたずまい。

昭和40年代とか50年代くらいの時間が止まってしまったかのようなノスタルジーです。

そして、階段もすごい。

結構年期の入った建物で、2階、3階に上がる階段は急すぎる。

楽天地でもつ鍋しこたま食べて、酔っ払った人が、最低1週間の2階は滑り落ちてそうです。

そんな階段を腰が少し曲がったおかーさんが、ひょいひょいと、大きなお盆にチャンポンとか皿うどんとかを何個ものせて上ってきちゃうんですよー。

すごいです。

そんな店内へ。

まず入り口で、先に注文しちゃうシステム。

店内を見回して、壁のメニューを確認して注文するんですが、後ろに人がいたりすると、悩んだりするのが申し訳なくて、どーしても、

「中華丼」

とか口走っちゃうんですよね。


しかもこの日は、めっちゃくちゃ暑かった日。

なのに、あっつあつを頼むという暴挙。

ただでさえ、最近暑いものを食べると、汗を大量にかくようになってしまったのに、なんか無謀。

こんなんじゃ女優になんてなれない
(なんか勘違いしてますって、いくりさん)

で、やってきたきた中華丼。

DSC_0946_20150826201717d7c.jpg 

なんかピントがあってないねぇ。

中華丼には、このスープがついて来るのも好き。

鶏ガラと豚骨なのかしらー?

アツアツすぎて、味わう事ができないというトラップ付きです(笑)


DSC_0947_20150826201719c5d.jpg 




この餡の一面に固くなりすぎてないかき玉状の卵の具合がいいんです。

人参とか、玉ねぎとか具材が大きいのもご愛嬌。

ご飯たっぷり。餡たっぷり。

ちょっと濃いめの味付けで、こちらも、スープ同様、味を堪能できないくらいにアツアツでふーふーです。

ええ、最後まで油断はできません。

ちょっと油断すると上あごをやけどしちゃうんですって。

闘いです。(何が?なんかちがう。いくりさん)

今回は、スープで油断しまして、しっかりとやられてしまいましたよ。

本当に。

でも美味しいのーーーー。

次回は皿うどんで炒飯のセットにしよーーーとか心に誓った数日後の話

とある方の、facebookでのシェア記事で知ったのですが、再開発であの一帯が整備されたり、ビルになったりするんだとか。


ドリアが大好きなアントンの入っているビルも対象になっているそうです。


えええええええええええええええええええええええええええ。

まじですか。

そんな事していいんですか?

ってか、新しくするのって大事なのかもしれない。耐震とかいろんな問題もあるのかもしれない。

でもね、でもね、古い物を残すってことも大事だと思うんですよね。

こちらの再開発は、もとあったお店は優先的になのかはわかりませんが、新しいビル内にお店を構えることもできるそうです。

でも、この再開発にひっかかったお店の何店舗はオーナーさんが結構高齢だったり、移転する資金が調達できなかったりで、新しくお店を出すのを断念されるところもあるようです。

実はこの新生飯店さんもそれの一つ。

残念。っていうか、綺麗な店内は似合わない(なんか失礼かもです。いくりさん)

サラリーマンのおさーんたちの憩いの場なんです。

分煙とか、禁煙とかとも全く無関係の、無法地帯。
でもそれがいいんですよー。

なのに、なのになんでーーーーーーーー。

ま。いろんな事情もあるのでしょうが、何とか残って欲しいとかおもうのでした。


ご馳走さまでした。


新生飯店



関連ランキング:中華料理 | 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/869-0463694a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。