おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多駅地下 因幡うどん ~ ぽわんぽわんなんだけど、なんだか落ち着く~

体の調子があまり良くない時って、体がカレーを求めるらしいです。

いくりさんの場合は多分、昆布とかつおのお出汁なのではと思います。


因幡うどんさんでうどんを。

ここで一番頼むメニューは多分これ。

DSC_1273.jpg 



えび天うどん。

これは高い姿揚げのほうではなく、かき揚のほう。

確かこれで500円しなかったと思います。

DSC_1271.jpg 

卓上にこんな風にしてネギが置いてあるので、適量いれます。

福岡の特に市内のうどんってこのネギを好みの量いれるようにできていますね。

福岡市内でうどんを食べている時に良く考えるのですが、

後の人とかお店の人の事を考えないで、どんぶりてんこ盛りに入れていらっしゃる人を良く見かけますが、入れたんならz、絶対全部たべりーよー。

とか思ってしまうのは、いくりさんだけなのでしょうか?

しかも、切り置きのネギってなんとなく風味が変な時がありませんか?

せっかくの美味しいお出汁の味が台無しになるので、風味づけくらいでいいです。

DSC_1272.jpg

 一味と七味。

うどんは一味。
お蕎麦は一味または七味とおもっているのですが、どん兵とか、赤いきつねを食べる時に、いつも七味がついてくるでしょ?

もしかして、うどんに一味を入れるのが当たりまえと思っているのは福岡だけなのか?

いや、熊本や佐賀あたりでも、そんな事はなかったぞ?

などと考えてしまいます。
DSC_1275.jpg

ヒキやコシとかとは全く関係のない、ぽわんとした麺。

ぷっつりと箸でつかんでも切れてしまうくらいなんですが、これが体に優しいんですよね。

かき揚の衣がほろほろと溶け込んでいくのと、その麺を一緒に食べるのがいいんですよね。


ご馳走さまでした。

 

因幡うどん 博多デイトス店



関連ランキング:うどん | 博多駅祇園駅東比恵駅


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/813-afca826b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。