おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでが浮気なの?

本日のお話は少し刺激が強すぎる為、R-18指定でお願いします。



少し前のお酒の席での話。

とある女性が付き合っている男性浮気が発覚!

しかも、お相手が男性だったというオチ付き。

そこで盛り上がったのが、どこからが浮気でどこからが本気でどれなら許せるのか・・って話。


男性同士の気持ちってどの気持ちの一線なんだろう?

あんまり考えたくないけれど、何かを超えちゃうとそこからは、同性を超えてしまう何かがあるのでしょうねー。

まぁ、いくりさんの場合は相手の人は女性になってしまうんでしょうが。


そこで、いくりさん、同性の人と何かを超えてしまうことを、妄想してみた。






・・・・。無理です。

考えてみれば、いくりさん、男子となら男と女とかじゃなくて、友達でも腕くんだり、手をつないだり平気でできるんだけど、女子とはできません。


あ。オカマとも平気です。ちゅーはちょっと困るけど。
(10年くらい前にオカマに唇を奪われたことがあるいくりさん。)
オカマの決め台詞は
「あたし、いくりちゃんなら、男になれるかもー。」
でした。

つーか、あたしって、いったい男なのさ?女なのさ?複雑な立ち位置なんですけどー。


女子の中にも、良く腕くんで歩いたり、座ってても結構ボディタッチが激しい人っていますよね。

いくりさん、女子とは無理。

変な意味じゃなくて、なんかね、いくりさんが触ってしまった女子を汚してしまいそうな、そんな感覚になっちゃうんですよねー。(いくりさんどんだけ汚れてるんですかー。)




同性同士で、そんな感情が生まれるって、一昔前だと、白い眼で見られてた話なんでしょうけど、今は昔ほどではないですよね。
海外じゃ結婚だって認めてる国があるくらいだし。

話が少しそれましたが、彼氏が男子と浮気してしまった彼女は

「たとえ同性同士でも、恋愛的な気持ちが生まれたら、それは浮気だし、もう無理ー」

とか言ってました。

それは、異性に負けちゃったから?それとも、男の人は女の人を好きじゃなきゃ的な考えがあるから?

これは、彼女には聞けませんでしたが、自分のことを考えてみた。

うーーーん。

いくりさんは、どうなんだろうねぇ。

その後、彼氏がすごく年上の女性と浮気したら、それは許せるのか?

とか、すごーく年下の女性と浮気したらそれはどうか?

などと、延々と話は続いたのですが、すごく年上との浮気はなんだか許せそうかなー?

と言ういくりさんの言葉に、お店のママさんは

「あんた、それ自分が若いっていう自信やろー?」

と言われました。

うーん。それとは少し違う気もするのだけれど。

自分よりも人生経験のある人って、それなりに素敵だし、それが体全体から出てる人っているでしょ?

多分、自分が好きになった人は、そんな人のことを好きになると思うし、そんな人と浮気されたら、

「あー。なんかしょうがないのかもなー」

的な気分になりそうな気がするんです。


でも、実際にそうなってみないとわかんないんですけどね。

昔は、浮気はバレないようにしてもらえるんだったら、浮気してもいい!とか思ってたし、実際そうだったけど、これってね、自分が気が付かないフリしてようと思ったり、見てみないフリしてても、周りが黙ってないんですよね。

もともと、女子って独特の勘のようなものがあって、それなりにじわーっとわかってて、それでも、相手が必死に隠そうとしているんだったら、まだあたしには知られたくないんだろうから、知ってるけど知らないフリしてよう。

そう思うんですよね。

多分、そう思えるってことは、自分も相手の事を手放したくないし、相当好きなんだと思います。

しかも、ぐちぐちゴタゴタしたからって、その感情の間には嫌な物しか生まれないと思っているタイプなので。


浮気相手の事だって知りたくないし、別にちゃんとばれないように、ちゃんとフォローしてくれれば、何って事なく、浮気で終わっちゃう事だってあるんですよね。

隠さなくなって来ると、それは相手の気持ちが浮気ではなくて、本気に変わったってことだし、その時は、その時の対処を考えなきゃいけなくなるけどね。

その先に、若いとか、かわいいとかいろんなことが条件として出てくるような気がするなぁ。


その時の話はそれきりで、彼女はその後彼とどうなったのか、どうしたのかはわかりませんが、浮気って思っていられるうちはまだまだ二人の間は安泰もしくは、好きの感情があるってことなんだろうなぁ・・・なんて思ったのでした。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/619-3207d2a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。