おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロハーでスイーツなの

 先日ローソンで気になるものはけーん!

「まさらだ?」

ぶっぶーーーー!

「マラサダ」

なんだそうです。


WHY?

聞きなれない言葉です。

ってか、カタカナ4文字の言葉って、なーんか苦手なんですよね。

読み間違いしちゃいそう。(現にもしてるし)

そして多分、この4文字をこんな風にブログに書いてても、きっと覚えられずに適当に言っちゃいそうです。

まるで、「スガシカオ」を「スカシガオ」ってしばらくずーっと思ってたみたいに。(スガさんに失礼です。いくりさん)


おっと。話がずれた。


いったいどんなものなのか、甘いのか辛いのかもなーーーんもわかってないので、とりあえず買ってみた。

何かわかんないと食べれない人っていますよね?


さすが。いくりさん。(自分でいうな)

食に貪欲です(大笑)



「マーラーサーダ?をヒトツクダサイ」


いい間違えないようにしたら、片言しかしゃべれない異国の人みたいになりました。

IMG_1978.jpg 


「こちらの、シュガーを入れて、ふりふりしてください」

と商品を受け取るときに、ローソンの店員のだんすぃーが。

むふ。

若い男の子が

「ふりふり」

とか、ふつーに言うのに、もう一人のレジのおねーさんと一緒に微笑む、いくりさん。(完全におばちゃんです)


ちなみにマラサダというのは


マラサダ(Malasada)はポルトガルの菓子。アゾレス諸島のサンミゲル島で作られた。マラサダは、イースト菌で発酵させた卵大のパン生地を油で揚げ、グラニュー糖をまぶして作られる。
手で掴んで油に入れる時に何の形に見えるか言い合う遊びがしばしば行われる。伝統的なマラサダには穴も具もないが、クリーム等の具を詰めたものもある。また、もともとマラサダを作るのは、四旬節の間は禁じられるラードや砂糖を使い切ることが目的だった。「灰の水曜日」の前日に当たるマルディグラの日によく食べられる。なお、ポルトガル本国では数百年前から揚げパンといえばフィリョスが一般的であり、マラサダは知名度も低く、あまり店頭でも販売されていない。
1878年、マデイラ諸島とアゾレス諸島のポルトガル人労働者がプランテーションで働くためにハワイを訪れた。移民達は、マラサダ等の彼らの伝統的な食事を持ち込んだ。今日では、ハワイ島には多くのマラサダ専門のパン屋がある。 マルディグラは、ハワイでは「マラサダの日」としても知られる。ポルトガル人移民の多くはカトリック教徒であり、受難節の前にラードや砂糖を使い切らなければならないため、彼らはたくさんのマラサダを作り、プランテーションで働く他の人種の移民達にも分け与えた。こうしてハワイにマラサダが広がった
                                                                                                                                                          Wikiペディアより

お?
ハワイの食べ物かと思ったら、ポルトガルのお菓子!

ポルトガルと言えば

♪ ポルトガル人が、長崎へ~♪
のカステラだとばかり思っていたんですが、玉子と小麦粉の文化が進んでいたんですねー。

カステラが日本に来たように、マラサダはハワイに持ち込まれたということです。


で、
IMG_1979.jpg
 
中はこんな感じ。

揚げ油の匂いがぷーん。

ふーん。

表面はかりかりっとした感じになってます。



そこへ、プレーンシュガーを入れて、言われたとおり、

「ふりふりっ!」


しゃかしゃかと10回程度ふります。(袋の説明に10回くらいって書いてあった)


IMG_1980.jpg 

おう!

きれいに、お砂糖をまといましたよ。

そして、いただきまーす♪

IMG_1981.jpg
 

ん?

んんんんんん?


食べても食べても、これが続きます。

何も予備知識なしに買ったのですが、中に何か、とろーり、甘い何かを期待するじゃないですかー。

何も入ってませんでした。


これ、普通にドーナツです。

ええ、少し温かい。

ただ、この周りのお砂糖がが口に入れたときにひやっとした感触があるので、そこが楽しいかもー。


しかも、揚げられてそんなに時間が経ってないので、くどい油の風味も無く、美味しくいただくことができます。


おいしいスイーツでした。


ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/411-83243e2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。