おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳川市 ハンバーグの店 サフラン ~つなぎをほとんど使わないハンバーグ!~

 最近、ハンバーグ率の高いいくりさんです。

紙君がハンバーグ好きなんで、お店のセレクトにハンバーグ屋さんが入ることが多いです。

どーせなら、ハンバーグの評判がいいお店をせめていくのもありなのかなと・・。

探すと結構ありますねー。

こちらは、以前、たぶん、まささんのブログで見かけて気になっていたお店です。

一度、一人でランチ食べようと行った時は、お休みでした。


DSC_0923.jpg


営業時間はお昼から夕方までのようです。


ハンバーグやステーキのお店って、ディナーになると、金額がべらぼうに高くなる印象が強くて。

行くなら、まずランチですよね。

ところがどっこい!こちらのお店はディナータイムが無いので、開店から閉店まで同じ値段で食べることができます。

閉店は早いけど、中休み無しってちょっとうれしくないですか?

DSC_0924.jpg 

ハンバーグのメニュー。

DSC_0925.jpg 

サイド。

DSC_0926.jpg 

持ち帰りもできるようになっています。

つなぎをほとんどって所がミソですね(笑)

冷凍は、忙しい時なんかに冷凍庫に入ってると結構いいんですよね。

使う用途も沢山ありますね。

店内は、男性一人のお客さんもちらほら。

カウンターもあるので、お一人様でも結構大丈夫そうですね。

小さい子どもさんを連れた家族や、年配の方も。

ハンバーグは、いろんな世代で楽しむことが出きる食べ物ですねー。

DSC_0928.jpg 

最初に運ばれてくるのが、ハンバーグのソース。

左が和風。昆布とか鰹とかいろんなお出汁がベースになっているお醤油って感じです。
これに、柚子胡椒を混ぜて好みの味にするそうです。

右は、野菜や牛肉のエキスがたっぷり入ったデミグラすソース。
こちらは、マスタードを混ぜていただきます。

DSC_0937.jpg 
こんな感じ。


デミグラスはマスタードの風味を消してしまうくらいの濃厚な味。

醤油は柚子胡椒がすごくぴりりとしていて、柚子胡椒だけでもいい感じ。

実際、紙君は、柚子胡椒だけでハンバーグを食べてました。


DSC_0931.jpg 
じゃーん。

ダブルハンバーグ(180g×2)プラス玉子。

これは紙君の。

実はトラブルがありまして、紙君もいくりさんもダブルハンバーグをオーダー。

紙君は玉子をプラス。

いくりさんは、ご飯を大盛に。



したはずなんですが、ご飯大盛とこのハンバーグだけが運ばれてきて


「お二つ注文されましたか?オーダーが1つしか入ってないんですが・・」

と。

でも、スープは二つでてきたんですよ。

いい塩梅の野菜のたっぷり入ったコンソメベースのスープ。

DSC_0929.jpg
・・・。

二人で1つって・・。

っていうか、注文するときに、ソースは最初に選ばないといけないって思ってて、

「ダブルハンバーグ、玉子プラスの和風ソースで」
「あたしは、ダブルハンバーグ、洋風ソースで、ご飯大盛で」

と注文したら、

「ソースは二つお持ちしますので、両方お試しいただけます」

と言う会話があったんです。
1つしか頼んでないなんて、ありえない!

いくりさん、自分のハンバーグ待ち(笑)

ソースも二つあるんだったら、ソースの入れ物も一人二つ必要なはずなんですが、いくりさんのハンバーグが運ばれてきても、ソースを入れるお皿は持ってきてもらえなくて、スタッフさんに確認するも、しどろもどろ。


ここって、ソース入れるお皿は1つだけしかもらえないんですか?

それとも、和風と洋風を混ぜて食べたほうが・・とかって噂があって、最近はソースのお皿は1枚でいいと言う人が続出しているとか??

いったいどっちなんでしょ?

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください(笑)


DSC_0936.jpg 
 
これが、いくりさんが頼んだ正しい内容。

DSC_0934.jpg 
ハンバーグのアップは紙君の玉子プラスのヤツでお楽しみください(笑) ← 待っててくれたので、写真を撮る時間がたっぷりあった


紙君が猫舌でよかったー(笑)


DSC_0935.jpg 

ハンバーグを割ると、お約束の肉汁が、どばだばと出てきます。

鉄板がジュージューなんで、とびはね注意ですね。

こちらは、つけ合わせが、お野菜たっぷりで、いろんなお野菜が食べる事ができます。

ポテト、大根、玉ねぎ、にんじん、かぼちゃ、えんどう、小松菜かな?結構沢山の茎の部分が隠れてました。
あと、真っ赤のやつ。
これ、ビーツなのかなー?

赤カブ?

とか、紙君といろいろと話てましたが、結局わからずじまい。

珍しいものとか使ってあるときには、その日に使ってあるお肉の標記と一緒に、お野菜の内容も書いてあるとわかりやすいかもしれないですね。(知りたいなら聞けよ!って話ですけどね)

ココットの容器に入っていたのは、ズッキーニとか、玉ねぎを軽く炒めたやつにグリンピースも入っていて、すこしトマトソースがかかっていました。

味的には、ラタトゥーユ風?

あ、そっか、ペンネも入っていたので、それもちょっと違うかな?

とにかく、野菜不足を補えそうなこの種類と量。(あ。そういえば、今思うと、キノコ系が入ってなかったなー。)


野菜によって、和風と洋風のソースを使い分けて食べました。

ソースは結構しょっぱく感じたので、たっぷりつけるのではなく、少しづつ付けて食べるほうがいいかも?

いくりさんは、個人的には、デミソースが中々旨みがあって好きだったかなー。


ハンバーグの焼具合は注文の時に

「しっかり焼きと、半生焼き?(こっちの言い方は覚えてないです)とどちらにしましょうか?」

って聞いてくださいます。

焼石が沿えてあるので、お肉は自分で好きな焼加減にすることはできるんですけどね。

ほとんどつなぎが使われていないので、しっかりとお肉の味も感じることができて、ボリュームも満点で、ご飯も大盛にしたので、お腹いっぱいいただきました。


ご馳走さまです。




サフラン





関連ランキング:ハンバーグ | 徳益駅西鉄柳川駅







でもやっぱりちょっと残念だったのは、オーダーミスをした、スタッフさんが、ミスがわかってからも何度か、わたし達の所にきたけど、謝罪が無かったこと、いくりさんのハンバーグを持ってこられたときに別のスタッフさんがの1度の謝罪だったことかなー。とか思っちゃうってまだまだ人間ちっちゃいですな。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/380-1d3a1417
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。