おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥栖市 かつみ屋 ~ おりじなりてぃ ~

フットサル見ました?← 日本シリーズじゃない、今シーズンが終わっているいくりさん。

はい、メディアで騒いでいるので、気になるにわかファンです。

三浦和良選手。

すごいですねー。


この結構な、長い人生を歩いてきて、いつも思っていた事なんです。(大袈裟なー。いくりさん)

あたしって、結構不器用で、頑固なんで、「へたくそ」なんです。

ええ、本当に大袈裟ですが、生き方がへたくそです。


あの人があの方法でやっているのなら、こっそり自分も同じにしちゃえー♪」


これってね、人生結構楽だと思うのですよ。

いくりさんは、これが出来ないタイプ。

山の頂上まで行くのに、近道があるのに、信用できなくて、わざわざ遠回りしちゃうタイプ。

あの人は、その結果に辿り着くまでには、いろいろ悩んだり、迷ったり、壁にぶつかったり・・・。

結構な時間、あーでもない、こーでもないなんてやったのかもしれない。

それを、横から、黙って持っていかれちゃう。

いくりさん、こんな経験って何度かあります。

特に、社会人になるとねー。


すんごく、歯がゆい思いをするもんです。


でもね!

思うのです。

あの人の、考えたり、壁にぶつかったり、あーでもない、こーでもないは、絶対に無駄なことじゃない。

その時は歯がゆい思いをするかもしれない。

でも、この先、その経験をしたことによって、もっともっと、それ以上の何かを掴むことができるはずだと。


改めて思えば、当たり前の事なんですが、感情的というか、浅はかに考えすぎる傾向にあったこの頃。

深く、強くこの事を肝に銘じました。

だから、もう、「へたくそ」なんて思わないようにしようと思いました。(えへ♪←なぜおどけてみせるんですか?いくりさん)


まぁ、小さい頃は、親や大人の真似しながら、いろんな事、学んでいったりするもんなんですけどね。


すみませーーーん。

眉間に皺が出来そうな勢いのお話で。

いくりさんらしく無いわぁー。




さて、大好きな御飯の話に入りましょう。



ここの所、1ヶ月に1度のペースでしか、お邪魔できていないかつみ屋さん。

こちらのお店は、いくりさんの心のオアシスでもあります。

行くまでの道のりの、

「今日は何をたべようかしらーん?」

の時のわくわくから本当に楽しいです。

脳みそから、多分変な汁が出てるくらいに(笑)


そして、お店のドアを開ける前に、おやじ様が気が付いてくださいます。

まぁ、これは、お店の忙しさにもよりますが、あの

にっこりとまぶしい笑顔

にまず、癒されます。

(あーあー。こんな事かくと、今度、おやじ様に何か言われそうだ:笑)

そして、MIKIママの笑顔、スタッフさんの笑顔。

お店に入ると、自分も自然とにっこにこになっちゃうんですよね。

嫌な事があった日でも、ニコニコすると、またまた、脳から何かの汁がでます(笑)


いくりさんのいつもの席に陣取り、「さて、いくりさん今日は何食べよう」←一度パクリたかった(笑)

IMG_9391.jpg IMG_9392.jpg



じゃーーーーーーーん!

IMG_9394.jpg


丸天うどーん。

むふふ。

この揚げたての丸天が、

好きーーーーーーっ

無駄に叫びたくなるくらい好きです。

そして、こちらの練り物系、太刀洗にある、立石蒲鉾店さんのもので、MIKIママのお話によると、HPもできているんだとか。
気になる商品が沢山あります。

HPはこちら → ◆◇◆

気になるいくつかの天ぷらは、かつみ屋さんで、おでんの代わりのおつまみとして、登場予定なんだそうです。

楽しみー♪

こりゃ、電車で行かなきゃだわー。

と、うどんから話がそれましたが・・・

IMG_9396.jpg

もちもちもちもちした麺。

むふー。

美味しいー。

しかも、表面もぽわぽわが、美味しいスープを一緒に運んできてくれて、幸せです。

IMG_9397.jpg

わかめもしゃくしゃくー。

ミネラルも注入ー♪


さて、そして、デザート。

カレーうどんと随分迷ったんですがこちらをいただきました。


IMG_9398.jpg


酢鳥釜たまー♪

いまや、かつみ屋の名物と言っても過言ではない、この酢鳥釜たま。

最初は、九州新幹線の開通で鳥栖の名物をという企画の話で、鳥と玉子を使ったメニューで作られたこちら。

この酢鳥ともともと、かつみ屋でも人気だった釜たまをあわせるという、Nice!アイデア。

このアイデアが生まれるまでにも、随分苦労されたと聞いています。

そして、それをただ、単純にあわせただけではなく、それから、酢鳥の試作の日々。

当時、酢鳥だけ、あわせたもの、試行錯誤を何度も何度も繰り返されて、この形になったのです。



私も途中の過程で食べさせていただいた事がありましたが、たとえ試食でも、自分で納得がいかないとダメな、おやじ様の職人魂。

本当に感動したものです。

IMG_9399.jpg


この、和風カルボナーラとも言える、卵がしっかりと絡んだ麺。

あっつあつの、茹で立ての麺をおやじ様手早くどんぶりにあげる。

それを待ち構えたように、MIKIママがこれまた手早く混ぜて混ぜて混ぜて。

熱い麺のおかげで、いくりさんの苦手な白身のいやーな感じや、卵臭さが無くなり、綺麗にもったりと麺が卵をまとっています。

そして・・・

IMG_9400.jpg


このテッカテカの酢鳥。

とり皮もただのとり皮ではなく、クビの部分。

下処理も大変でしょう。

そして、その鳥皮を、ただ煮込むだけではなく、歯ごたえのしゃくっ!ぷるん!じゅわぁぁぁ!を残すための手法を経てこのテッカテカの酢鳥が出来上がるのだそうです。

またまたこの工程が結構大変ですよ。

お話を聞いていると。

いくりさんもよく酢鳥は作るんですが、こんなに手間のかかることしたことなーい。

この美味しさは、そんな裏の努力と苦労というスパイスもたっぷり入っているんでしょうね。

この酢鳥と、卵をまとった麺を、ぐるぐると混ぜます。

酢鳥のタレが、卵と卵でくっついた麺をいい感じでほぐしてくれて、その卵の衣に、鳥の美味しいタレが絡んで・・・・。


もう、たまらんですよ。

酢鳥と御飯という組み合わせもよくいただきますが、卵をうっすらまとった酢鳥も、味がまろやかになって、これまたうまし!!



酢鳥と麺の配分もわすれちゃいけません。

いくりさんは、最後のほうで、天かすと柚子こしょうをいれて、カリカリとゆずの風味も一緒に愉しむのが好きです。


むふぅ。


もう、脳内なにがなんだかわからないくらいの状態です(笑)


でも、間違いなく食べ終わった後には、にっこにこの幸せになれます。
(注:こちらには個人差があります:ww)

今日も素敵な時間を過ごすことができました。

MIKIママともいつもよりゆっくりお話できたしー♪

2人の話はもっぱら、ネット関係の話ばかり。

この週末、ちょっと嫌なことがあったんですが、気持ちもほっこりしてお店を出たのでした。


ご馳走様でした。



かつみ屋




関連ランキング:うどん | 鳥栖駅





スポンサーサイト

Comment

かめ says... ""
本当におやじ様とMIKIママの笑顔は素晴らしいですよね!
それを見られただけで、来てよかったと思えるぐらいで、みんなを笑顔にしてくれますよね。
あっ、丸天は、揚げたてなので、てっきり自家製と思っていたら違ってたんですね、でも、揚げたてってことは、素材で仕入れてる?、それとも美味しく提供するために二度揚げ?

>「さて、いくりさん今日は何食べよう」
いや、いくりさんの場合は、「今日は何と何と何食べよう」、でしょ?(笑)
2012.11.01 16:53 | URL | #B8xSsyyA [edit]
いくり  says... "◆かめさん"
うんうん。
あの笑顔を見ると、なにもかもを忘れてしまいますよね。
丸天は、詳しくはわかりませんが、かつみ屋仕様のような気がします。
あんなにベストの状態なんですものー。

あ。
なにとなにではなく、なにと、なにのデザートをたべようかも?(笑)
2012.11.03 07:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ikurisan.blog.fc2.com/tb.php/152-ee73ba5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。