おいしいご飯  ~ 炭水化物天国 ~ ぱーと3

このブログは50%の現実と40%の妄想。そして10%の希望でできています。たまにくだらない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八女市  肉料理 かずえ ~ うれしい大誤算 ~

なんなんですかー。
この寒さは。
ってか、ここ数年徐々に寒くなってきていると思うのは、気のせいでしょうか?
それとも歳のせいなんでしょうか?

またまたお久しぶりです。

いろんな事でばたばたしておりました。

なんとかひと段落ってかんじでしょうか?


先日実家に帰る途中で立ち寄ったランチはこちら。

かずえ11 

すんごい和風な感じですよね。

着物と割烹着を来た、美人のおかみが小鉢を用意してくれて、日本酒をお酌してくれそうな・・・
そんな名前と雰囲気を醸し出している気がするんですが・・・。

名前を聞いてもピンと来なくて、行きたいと随分前から思っていたんですが、なかなか思い切れなかったお店です。

かずえ13 

ほら、こんな感じだし。

かずえ10

看板があって、お肉のお店に見えてきましたが、和牛とかこの写真とかなんか高そうな感じですよっと。
あ、でもランチ930円~って書いてあるー。←実はネットで少し情報収集はしていた。

この辺りの飲食店にはあまり詳しくない旦那さんを自慢げに案内したんでちょっと安心。

お客さんが多くてウェイティングがあるかと思ってたんですがすんなりと入店。

個室に通されました。

中に入って初めて知ったんですが、

肉料理 → 焼き肉

って感じで、夜は焼き肉が食べれるお店のようですね。
あ。お昼も予約すれば食べれるようです。

メニューです。
かずえ1 

きゃぁぁぁぁ。

なんて素敵な金額。

牛もも(さがり)の輸入のお肉なら、750円からいただけるようです。
しかも200gっていったら結構な量でしょう。

定食の構成はメニューを見ていただいたらわかるんですが、サラダやドリンクもついていてお得です。
ライスが大盛やおかわりが有料なのがちょっとショック。
いやいや、これだけのものが食べれるんですから、コスパ的にはいいですよ。これでも。

かずえ2 

まずは、サラダとステーキソースがやってきました。

あ。
かずえ3

箸置きが落花生です。
これは、旦那さんが喜んで食後にポリポリ食べてました(笑)
果たして食べて良かったのか?ww
かずえ4

サラダのアップ。
葉ものの野菜が高騰していますよ。これだけを出すのにも大変でしょうね。きっと。

そして運ばれてきたのが、いくりさんの注文した、和牛のロースステーキ。

しかも、300g!むふ。
かずえ5
旦那さんが、ヒレの90gを注文したので、シェアするつもりでがっつりです。

と言いながら、旦那さんのお肉の写真は撮り忘れてます。
気が向いたら、旦那さんのfbかなんかから、拝借して貼り付けときます。
かずえ6

横から見るとこんな感じ。
なかなかの厚さです。
かずえ8

厚いよねー。
焼き具合もこんな感じ。
血が滴るほどの赤い肉!!

 かずえ9

ロースなんで脂身もしっかりついてます。
甘い!
美味しい!

結構やわらかいし。
ってか、このお値段でいいの?

確か300gで2000円しませんでした。

これだったら、焼き肉ランチするよりずーっと食べ応えもあって、お得感もあります。

実は食べるのに夢中で、大飯の写真と(←やっぱり大盛なんかい!)ドリンクの写真がないんですけどね(笑)

それほど美味しかったってことで(笑)

旦那さんも気に入ったことだし、また近いうちに行っちゃうかもしれません。

ってかもっと早く来ればよかったなぁ・・・。

ご馳走様でした。

かずえ

関連ランキング:焼肉 | 羽犬塚

スポンサーサイト

八女市 大龍一番 本店 ~ ラーメンも美味しいんだけど ~

「あまちゃん」と「半沢直樹」にはまっているいくりさんです。

朝からバタバタで、お昼ご飯も食べれるか危ぶまれた本日。

山田のSAでお昼を食べようとしたんですが、お昼時で混雑。

で、

玖珠のSAでお昼ご飯。 

IMG_2508.jpg


なんだか、大分パラダイスの定食をハケーン!

IMG_2509.jpg 
濃い目の味噌味のダゴ汁と鶏天。

かしわのおにぎりと、ほうれん草のおひたし。

ダゴ汁の味が濃い目だったので、これなら、白いご飯のほうがあったかも。

美味しくいただきました。

そんな日の晩ご飯。

もちろん行きがお昼過ぎていたので、帰る時間も遅いんです。


ラッキーな事にこんな日に紙君が迎えにきてくれたので、八女で晩ご飯。


大龍一番さんへお邪魔してきました。


IMG_2510.jpg 



頼んで気が付いたセット。

IMG_2511.jpg
 

こちらは、焼き飯は無くて、丼物があります。

IMG_2514.jpg  
むふふ。

いくりさんの、大盛ラーメンとご飯。

IMG_2512.jpg 

紙君のうま辛ラーメン。大盛。

たっぷりと辛い肉味噌がのっかってます。

紙君いわく、この味噌の味が濃くて、トンコツラーメン食べてるのかどうか、途中で忘れそうだったそうです。

うん。

スープもらいましたけど、ピリピリからーい。


IMG_2513.jpg 


これがノーマルのラーメン。もちろん大盛。

IMG_2516.jpg


ぶくぶく泡の、濃厚なトンコツで、匂いも豚さーーーーんって感じです。

大龍系のこの粘度のあるトンコツ。

大龍一番さんの中でも一番濃厚で、香りといい、粘度といい、このバランスは好きです。


IMG_2517.jpg 
麺はもちっとつるつる。

堅麺ではありませんが、なかなかの噛み応えがあります。

ここの大盛。

結構量が多いです。

普通で、ご飯にしとけばよかったって、食べながら後悔したけど、後のまつり。


IMG_2515.jpg 

そうそう、ジュージューで現れた鉄鍋ぎょうざ。

焼面がカリッともちっとしていて、おいしいー!


IMG_2518.jpg 
キャベツ?たっぷりのお野菜とお肉がに甘みのあるぎょうざ屋さん。

ご飯と一緒にほおばります。


スープが結構塩気も濃い目だったんですが、男子は好きだと思います。

店内、ひっきりなしに、男子のお客さんが入れ替わり立ち代りでし。


地元に愛されながら、そしてこれからも愛されていくんでしょうね。


ご馳走さまでした。


 

大龍一番 八女店





関連ランキング:ラーメン | 八女市その他


すし大臣 八女インター店 ~ 久しぶりに100円じゃない ~

上陽で蛍を見た後、ご飯を食べようという話になりました。

9時過ぎ。

この時間になると、選択肢が少し減りますよね。

こちらのお店を通ったときに、

「あー、お寿司かぁ・・・」

とつぶやいた。

「え?お寿司食べるんですか?どーするんですか?」

そう、言われて悩んだ。

で、結局戻る。

むふふ。すみませーん。

IMG_1555.jpg

やっぱりこれからでしょ。

そして、こちらは最近のタッチパネルと違って、まだまだ手書きで書きます。

注文したのは新幹線のレーンで運ばれます。

100円の回転ずしよりも、店員さんの対応なんかもすごく丁寧に思えるのは、きっと気のせい。

さて、何を食べましょうか?
IMG_1557.jpg 
メニューです。

品切れとかありますが、まわってるレーンをみるとたまにあるので、店員さんに確認したほうがいいかもしれません。
あと、定番ではないものもあるみたいでえす。

メニューばかりで注文するんじゃなく、たまには廻っているのも見てみたほうがいいかもしれません。

IMG_1558.jpg 

まずは、大好きなえんがわー♪


IMG_1559.jpg 
厚みがちがう。

IMG_1556.jpg

ネタの大きすぎるサーモン。

嬉しいんですよ。

ただ、昔ほどじゃなくなりましがた、このネタが大きいので、醤油をつけるときに皿からはみ出そうになって、いらっ!とすることがあります。

「たまに生もの食べないとダメっす」

「最近食べてなかったっけ?」

2週間生もの食べないと死にそうなんだそうです。

IMG_1562.jpg
ゲソの天ぷら。

揚げた手で、柔らかくて美味しい。

普通の居酒屋さんなんかで、イカ刺しの後にお願いするゲソの天ぷらとそう変わりありません。
IMG_1561.jpg

そうそう、今更ですが、これがお皿での料金です。

お皿を気にしながら食べるなんて久しぶりー。

IMG_1567.jpg 
 
ぼけているんですが、鯖。

この上の昆布はいらない(笑)

IMG_1560.jpg
海老。

IMG_1564.jpg 
まぐろ。

IMG_1565.jpg 
なんとか貝。

IMG_1566.jpg 
小柱。

IMG_1569.jpg 

焼鯖。

IMG_1568.jpg 
しゃこ。

このほかにもいくつか食べました。


ビールも2杯。

むふふ。幸せ。

安いお寿司ばかりじゃなくて、たまには美味しいものを食べなきゃね。


ご馳走さまでした。



八女市矢部村 旬の厨房 ソマリアン と ハート岩

さて、温人でお蕎麦を食べた後、そのままドライブです。

紙君は、紙母の実家が黒木にあるせいなのか、この辺りはなかなか詳しいんですよね。

こちらの前を通ったので、カレーパンを購入することにしました。

IMG_1523.jpg 

随分昔からあります。

20年くらい前にもカレーパンを買った覚えがあります。

現在は店内でカレーとか軽いご飯を食べることができるようですね。

こちらでカレーを作られていた方が、現在八女市内で「シャカカリー」を出してあるんだとかという話を、何度か耳にしたことがあります。

それくらい、前からカレーが有名だったような・・・。


揚げたカレーパンと、焼いたカレーパン。それとハンバーガーを購入。

揚げたカレーパンは、カレーパンマニアの紙君の翌朝の朝ごはんに。




IMG_1524.jpg 
 
あーん。
ぼやけているのは、車の中で一生懸命撮影したから(笑)
IMG_1525.jpg
冷えていたので、カレーがポソってました。

これができたてだと美味しいんだろうなぁ。

持って帰って、焼き直ししたらいいんですよね。


IMG_1526.jpg 
こっちもぶれてます。

ハンバーガー。

これ150円くらいだったかな?
かなり、厚みのある照り焼き風味のハンバーグが挟まってました。

パンがハンバーグに完全に負けてましたね。

でもこれ美味しい。


レトルトのカレーが現在もあるのかどうかは確認しわすれましたが、ドライブの途中で、おやつにいいですよ。


ご馳走様でした。


そしてその後。

偶然見つけたこちら。

ローカルの番組でも何度か見かけました。


IMG_1519.jpg

このハートの上には鐘がついていて、二人で鳴らすと、二人は・・・とか、そうじゃないとか。

え?いくりさん。

IMG_1520.jpg
鳴らさない。鳴らさない。

見る角度によって岩が、ハートの形してるって、偶然とはいえ、それを観光のひとつにしてしまうってすごい!

町おこしなんでしょうね。

IMG_1521.jpg 

車を降りて、一生懸命に写真をとるいくりさんを、置き去りにしようとする紙君。

それを、あわてて追いかけるいくりさん。

追いつかなくて、あきらめてふてくされるいくりさん。

あわてて、戻ってくる紙君。

近くにいたら、そんなあふぉが見れたかもしれません(笑)

ここ、人があまりいなくて穴場ですよ?


【旬の厨房 ソマリアン】
所在地 / 834-1401 八女市矢部村北矢部10378番地(稲付)
開館日時 / 午前10時~午後6時
休館日 / 年始(1月1日/2日)
問い合わせ / TEL 0943-47-2213
交通 / 堀川バスゆいのもり入口バス停下車すぐ
アクセス / 八女ICから国道442号線を車で約60分


大きな地図で見る

八女市 黒木町 そば茶房 温人 ~ 山奥にたたずむお蕎麦屋さん ~

山の中に蕎麦を食べに。

黒木とか上陽とかは昨年の水害の傷跡がまだまだ残ってますね。

現在工事中とか、まだ工事の手が届いてない所が沢山ありました。

でも、そんな中でも、田植えの準備やお茶の収穫、天災に負けずに生活してある地域の方々、頭が下がるおもいです。

そんな事を思いながら、辿り着いたのはこちら。
 



IMG_1498.jpg 


IMG_1498.jpg 
和風モダンなつくりの建物です。
IMG_1499.jpg 

IMG_1500.jpg 
石畳を進んでいくと、こちらが入口です。

入口で履物を履き替えます。

店内は古民家の梁などを使ってありますが、トイレなんかはすごーくモダンでおしゃれな感じでした。


IMG_1510.jpg 

テーブル席、小上がり、テラス席と、結構なキャパあります。

IMG_1509.jpg 

置いてある小物が、珍しくて面白いものが多いです。

IMG_1505.jpg 
この日はお天気が良かったので、テラスでいただきたかったのですが、日陰の席が空いていなかったので、店内のテーブル席でいただきました。

メニューです。
IMG_1501.jpg 

ランチは日曜日でも大丈夫のようです。

IMG_1503.jpg 

単品のおそば。

なかなかのお値段ですね。

IMG_1504.jpg 


お酒のを見ながらおそばを・・なんて粋なこともできそうです。

IMG_1502.jpg 

夜の宴会も予約で受け付けていただけるようです。

IMG_1506.jpg 
ってことで、いくりさんは、昼間っからろくでなしにならせていただきます。

いつも有難うございます。

IMG_1508.jpg 

楽しくなるような小物が沢山店内にあったのですが、こんな風にビールのグラスや


IMG_1507.jpg 栓抜きが面白かったです。

静かーに時間が流れていきます。


きたきた!
IMG_1511.jpg 
がっつりともりそばが食べたかった、紙君の特もりそば。

あーーーー!!


IMG_1513.jpg 
へびいちご!!

「しーさん、それいちごやん。食べてみたら?」

「これ、へびいちごじゃないですか。とんでもない」

なんだ、知ってたのか。

いくりさんや、紙君みたいに、田舎育ちだと、これがへびいちごってことはわかりますが、これわかんない人がみたら、たべちゃわないかしら?

ちょっと心配。

死にはしないでしょうけど、食べたらちょっと大変そうです。

IMG_1512.jpg 

均一の細さのこちらのおそばは機械切りのようです。

おそばの経験値はそれほどありませんが、機械で均一に切ることで、均等におそばをゆでることが出来るのがいいのだとか、聞いたことがあります。
手切りだと、どうしても、太さが違ってきますもんね。

IMG_1514.jpg 
いくりさんの花らんち。

温かいおそばにしました。

いくりさんのほうはどくだみの花が飾ってありました。

日本料理の飾りなんかに、笹とか野草を使ってあるのは目にしますが、こんな風に一輪挿しがお料理についてくるのって、珍しいですね。

IMG_1515.jpg 
かものロースト、ポテトサラダ、根菜と破竹の煮物、ゴーヤと玉ねぎのサラダ、卵焼き、厚揚げ、海老とナマス。

これにおにぎりと、お漬物がついています。

いろんな物を食べれていいんですが、揚げ物が無いんですよね。

メニューにも無かったんです。

お蕎麦とかアッサリ目のものが食べる時って、天ぷらみたいなパンチのあるものが食べたくなるのはいくりさんだけなのかなー?

あえて、鴨がついていたので、動物性のたんぱく質は摂取することができました(笑)


IMG_1517.jpg  


もりそばと、おそばは同じようです。

ほんのりと甘めのおだしに細めのそば。

一度に全部でてきたんで、食べるのが忙しかったです。

かけそばとおにぎりは後からが良かったと思うのは、ビールを飲んでいる人のわがままですね。きっと。


IMG_1518.jpg 
お食事の後は、新茶の八女茶と、甘い羊羹をサービスで出していただきました。
ラッキー!


結構山深いところにあるので、ゆったりとドライブをして、ゆっくりと自然を楽しみながら食事をするには、いいお店だと思います。

ご馳走さまでした。


◆◇◆ おまけ ◆◇◆

IMG_1522.jpg 
その先の山の中で、野いちごをみつけてテンションがあがる、ふたり。

少し時期が遅かったようです。

でも、まだあるところにはあるのねー。





そば茶房 温人





関連ランキング:そば(蕎麦) | 筑後吉井


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。